ZBrush UIの簡単切り替え

ZBrushベーシック番外編
ユーザーインターフェイスの簡単な切替方法について

ZBrushのユーザーインターフェイスはカスタムUIの機能を使用して、自分の好きな位置にボタンやスライダーを配置することができます。この方法については「BLESTAR ZBrush ベーシック」のレッスンで詳しく解説しております。今回の記事はカスタムUIの知識は既に習得済みという事で進めていきます。

カスタムできるスペースはUI上の余っているスペースに限られますので、スペースがなくなってしまうとそれ以上のカスタムをする事ができません。そういった場合に今回のユーザーインターフェイスの切替が役に立ちます。

user interface layout

まずはZBrushの上部タイトルバーの右側にある↑画像の赤い枠部分の「ユーザーインターフェイスレイアウト切替ボタン」をみつけてください。これをクリックしてみましょう。するとZBrushのユーザーインターフェイスが次々に変わっていきます。これはZBrushのUI情報が記録されている.cfgファイルを切り替えているという事です。
つまり、.cfgファイルを自分で用意しておけば、複数のカスタムUIを切り替えて作業ができるという事です。とても便利ですね。では実際にその設定方法を見ていきましょう。

まず、「ユーザーインターフェイスレイアウト切替ボタン」によって切り替えられる.cfgファイルがどこにあるのかを確認します。

uiFilesTree01
ZBrushのインストールフォルダの↑のフォルダを探しましょう。この中にユーザーインターフェイスレイアウト情報が保存された複数の.cfgファイルが入れられております。先程押してみた「ユーザーインターフェイスレイアウト切替ボタン」では、これらのファイルを切り替えていたという事です。
このフォルダに自分のカスタムした.cfgファイルを入れておけば「ユーザーインターフェイスレイアウト切替ボタン」を使用してインターフェイスを簡単に切り替えることができますね。

UI_sculpt   UI_Zsketch
2種類のカスタムユーザーインターフェイスを作成してみました。(画像はクリックして拡大可能)
一つはスカルプト作業に使用するインターフェイスでここでは「UI_Sculpt.cfg」と名前をつけて保存しました。もうひとつはZSketchの作業用にボタン位置をカスタマイズしたインターフェイスで「UI_Zsketch.cfg」という名前で保存しました。

preferences
ちなみに、.cfgファイルは「Preferences>config>Save Ui」のボタンで保存できます。

それではその保存した2種類の.cfgファイルをUserInterfaceLayoutフォルダに移動しましょう。

 uiFileTree02
ZBrushに最初から用意されていた.cfgファイルは念のために「default」というフォルダを作って保存しておきました。そして自分でカスタムしたUIファイルをここに入れます。

ZBrushに戻って「ユーザーインターフェイスレイアウト切替ボタン」をクリックしてみてください。クリックする度にファイルが切り替わってユーザーインターフェイスが変更されます。

このように、特定の作業毎にユーザーインターフェイスを分けておく事でZBrushのせまいカスタムエリアを有効活用できるようになります。

 

Happy ZBrushing !!

 

この記事はZBrushに投稿されました タグ: , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*