The Art of Mystical Beasts

森田悠輝さん著の幻獣アート作品集兼、技術、技法解説本です。

ZBrushだけでなく、一つの作品を完成させるために沢山のソフトウェアを活用していて非常に参考になります。餅は餅屋というように、自分のやりたいことが得意なソフトがあればそれを使う方が絶対に良くて、こだわって一つのソフトで作ろうとするのは良くない事です。例えば、ZBrushにもアニメーションを作成する機能がありますが、ZBrushよりアニメーション作成が得意で簡単に作成できるソフトなんて山ほどあります。この本では色々なソフトウェア効果的に使用して幻獣を作成していかれます。しかも詳しい解説付きです。
技法の解説だけにとどまらず、作品づくりのコンセプトや考え方も随所にはさみながら解説されているので、森田君がどのように考えながら絵づくりに取り組んでいるのかも分かって、勉強になります。

はじめにスカルプトでザックリとシルエットをとって、ディテーリングのためにディスプレイスメントマップを作成し、それをスカルプトに適用して詰めていくというワークフローで作品を作られています。
注目すべきはディテールをディスプレイスメントマップを作成しておこなっているという点で、テクスチャリングソフトのMARIやSubstance Painterが使われています。その際にUDIMの使い方を非常に分かりやすく解説されてます。UDIMはUVマップの領域を拡張して複数のマップをUDIM番号を使って管理し使用できるというものです。
ZBrushはまだUDIMには対応していないのですが、UDIMを使用したモデルにいかにしてディテールをディスプレイスメントマップから適用するのかというテクニックも解説されています。UDIMを使ってZBrushと組み合わせて制作する方法をこれだけ丁寧に解説している日本語書籍は他にまだないのではないでしょうか?

かつてZBrushイベントで私が司会と解説で呼んでもらった時に森田君の制作する様子を見ながら解説したことがあります。面白かったのはクリーチャーのディテールにキュウリのような野菜や果物の画像を使ったことがあるというエピソードでした。ものをいろんな角度から観察して考えながら制作されていて、みるみる魅力的なスカルプトができていったのを覚えてます。

この本には先述したように森田君の色々な作品もたくさん掲載されていて見ごたえのあります。ZBrush使いには絶対にお勧めできる本です!

この記事はZBrush, 書籍に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*